【鮮魚ニュース-お魚料理レシピ-】旬の魚を使ったお料理をご紹介します。さて、今月のお魚は?

カツオのニンニクステーキ

ニンニクの香りが食欲をそそります。

◎作り方
(1)カツオは塩・胡椒する。
(2)ズッキーニは縞目に皮をむいて1.5cm長さに切る。
(3)水菜は3cm長さ、ミニトマトは半分に切る。
(4)フライパンにサラダ油大さじ1と薄切りにしたニンニクを入れて炒める。ニンニクがきつね色になったら取り出して(1)を入れる。カツオを強火で表面だけを焼いて取り出す。粗熱が取れたら1.5cmから2cm角に切る。
(5)(4)のフライパンをきれいにしてサラダ油大さじ1を入れる。(2)を入れて炒め、(4)のカツオをフライパンにもどして手早く炒め、 赤ワイン・醤油・酢を入れる。
(6)(3)、(5)、ベビーリーフを盛り付けて(4)のニンニクをちらす。
[調理時間]25分

◎材料(4人分)
カツオさくどり・・・・・250g
塩・胡椒・・・・・・・・・・・・少々
ズッキーニ・・・・・・・・・・1本
ニンニク・・・・・・・・・・・・2片
赤ワイン・・・・・・・・大さじ2
醤油・・・・・・・・・・・・大さじ2
酢・・・・・・・・・・・・大さじ1/2
サラダ油・・・・・・・・大さじ2
ベビーリーフ・・・・・・・適量
水菜・・・・・・・・・・・・・・・適量
ミニトマト・・・・・・・・・・4個
【1人分162kcal】
 
 
 
 
 

カツオのそぼろチャーハン

ご飯と相性バツグン! いろいろ使えて便利!!

◎作り方
<カツオのそぼろ>
(1)カツオをこまぎれに切る。鍋にサラダ油を入れてカツオ・aを加えて炒める。
(2)(1)にbを加えて煮詰めて、炒めつけそぼろにする。
 
<カツオのそぼろチャーハン>
(1)フライパンにサラダ油を入れて熱し、卵を半熟に炒め温かいご飯を加えて炒める。
(2)(1)に長ネギ・塩・胡椒を加えて炒める。
(3)(2)にカツオのそぼろを加えて炒め、味を調えて盛り付け絹さやを飾る。
[調理時間]30分

◎材料
<カツオのそぼろ>
カツオ・・・・・・・・・・・・・200g
生姜みじん・・・・・・・・1片分
<a>
┏ニンニクみじん・・1片分
┃トウバンジャン
┃・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
┗酒・・・・・・・・・・・・・・200cc
<b>
┏醤油・・・・・・・・・・大さじ2
┃みりん・・・・・・・・大さじ2
┗砂糖・・・・・・大さじ1 1/2
サラダ油・・・・・・・・・大さじ1
【全量684kcal】
 
◎材料(2人分)
<カツオの
 そぼろチャーハン>

温かいご飯・・・・・・・・・330g
長ネギみじん・・・・大さじ2
溶き卵・・・・・・・・・・・・2個分
塩・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
胡椒・・・・・・・・・・・・・・・少々
カツオのそぼろ
 ・・・・・・・・・・・・・・大さじ4
サラダ油・・・・・・・・大さじ2
絹さや・・・・・・・・・・・・・・3枚
【1人分263kcal】
 
 

カツオの和風ユッケ風

お肉とは一味違った風味と食感

◎作り方
(1)カツオは皮を取り除き、5mm角位に切る。アボカドも同じ位の大きさに切る。
(2)ミョウガ・長ネギはみじん切りにする。大葉はせん切りにする。
(3)ボウルに調味料を合わせ、(1)・白ゴマ・ニンニクを合わせる。
(4)(3)に(2)を入れ、混ぜ合わせ、塩で味を調え、器に盛り、ベビーリーフを飾る。
[調理時間]20分

◎材料(4人分)
カツオ・・・・・・・・・・・・・200g
アボカド・・・・・・・・・・1/2個
ミョウガ・・・・・・・・・・・・1本
大葉・・・・・・・・・・・・・・・・4枚
長ネギ・・・・・・・・・・・・・・15g
白ゴマ・・・・・・・・・・小さじ2
おろしニンニク
 ・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
ベビーリーフ・・・・・・・適量
<調味料>
┏味噌・・・・・・・・・・小さじ1
┃醤油・・・・・・・・・・小さじ2
┃塩・・・・・・・・・・・・・・・少々
┗ゴマ油・・・・・・・・小さじ1
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
【1人分113kcal】
 
 

カツオ プチ情報

旨味の増したカツオを食べて暑さに負けるな!


↑クリックで拡大表示します。

回遊魚であるカツオは、初夏に日本近海を北上してくる「初ガツオ」と、秋に南下してくる「戻りガツオ」があります。初ガツオはほんのりと脂がのり、さっぱりとした味で、 身が赤く透き通っていて、カツオ独特の香りがあります。
また、ビタミンDやA、ビタミンB群の一種で、ストレスに対応する免疫抗体を作る働きを持つパントテン酸を多く含んでいます。血合い部分にも吸収のよい鉄が含まれているので、貧血が気になる方にはオススメです。