【鮮魚ニュース-お魚料理レシピ-】旬の魚を使ったお料理をご紹介します。さて、今月のお魚は?

ブリと野菜のすいとん

ブリの旨味と米粉のすいとんの食感が絶妙!

◎作り方
(1)ブリは2cm角に切って塩(分量外)をふる。15分おいて霜降りをする。
(2)ゴボウはささがきにする。
(3)ニンジンと生椎茸はせん切りにする。
(4)米粉は熱湯を入れてすいとんを作る。
(5)水に昆布を入れて火にかける。沸騰直前に昆布を取り出し、ブリと野菜を入れて煮る。火が通ったら調味してすいとんを入れる。
(6)すいとんに火が通ったら器に盛り付けて、細ネギと柚子を飾る。
[調理時間]20分

◎材料(4人分)
ブリ切り身・・・・・2~3切れ
ゴボウ・・・・・・・・・・・・・10cm
ニンジン・・・・・・・・・・・・3cm
生椎茸・・・・・・・・・・・・・・3枚
米粉・・・・・・・・・・・・・・・100g
熱湯・・・・・・・・・・・・・・・80cc
水・・・・・・・・・・・・・・5カップ
昆布・・・・・・・・・・・・・・・・5cm
┏塩・・・・・・・・・・小さじ1/2
┃酒・・・・・・・・・・・・大さじ1
┗薄口醤油・・・・・・小さじ2
細ネギ・・・・・・・・・・・2~3本
柚子・・・・・・・・・・・・・・・適宜
【1人分203kcal】
 
 

ブリの唐揚げ 山椒塩添え

存在感たっぷり!お弁当にも。

◎作り方
(1)フライパンに塩を空煎りして、山椒を加え冷ます。
(2)ブリは1口大に切り、漬け地に10分漬け、取り出して水気を拭き取る。
(3)ブリと溶き卵をよく混ぜ合わせる。片栗粉・小麦粉を加えさらに混ぜ合わせてブリに衣をつける。
(4)(3)を170℃の油で揚げて、山椒塩を添える。お好みの野菜を飾る。
[調理時間]20分

◎材料(4人分)
ブリ・・・・・・・・・・・・・・・200g
<漬け地>
┏醤油・・・・・・・・・・大さじ2
┃酒・・・・・・・・・・・・大さじ2
┗胡椒・・・・・・・・・・・・・少々
卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
片栗粉・・・・・・・大さじ2~3
小麦粉・・・・・・・・・・大さじ2
塩・・・・・・・・・・・・・・小さじ2
粉山椒・・・・・・・・小さじ1/3
お好みの野菜・・・・・・・適宜
【1人分278kcal】
 
 

ブリの南蛮漬け

焼いた素材が引き立つさっぱり仕上げ。

◎作り方
(1)ブリは食べやすい大きさに切る。
(2)カブは皮を剥き、8等分に切る。レンコンは皮を剥き1cm幅くらいに切る。エリンギは4等分に切る。長ネギは3cm位に切る。
(3)だし汁・aを鍋に入れ沸騰させ赤唐辛子を入れ冷ます。
(4)フライパンに油をしき、(2)を焦げ目がつくくらいに焼き、(3)に入れる。(1)に小麦粉を付けて焼き、(3)に漬ける。(2~3時間ていど)
(5)器に(4)を盛り、プチトマトを添える。
[調理時間]30分
※漬ける時間を除く。

◎材料(4人分)
ブリ・・・・・・・・・・・・・・・200g
小麦粉・・・・・・・・・・・・・適量
カブ(大)・・・・・・・・・・・・1個
レンコン・・・・・・・・・・・・80g
エリンギ・・・・・・・・・・・・1本
長ネギ・・・・・・・・・・・・・・1本
プチトマト・・・・・・・・・・4個
だし汁・・・・・・・・・・・・200cc
<a>
┏醤油・・・・・・・・・・大さじ3
┃みりん・・・・・・・・大さじ3
┃砂糖・・・・・・・・・・大さじ1
┗酢・・・・・・・・・・・・・・・50cc
サラダ油・・・・・・大さじ1~
赤唐辛子(小口切り)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2本
【1人分241kcal】
 
 

ブリ プチ情報

出生魚、回遊魚の代表格の魚です。


↑クリックで拡大表示します。

成長するにつれてワカシ、イナダ、ワラサと名前の変わるブリは出世魚と言われ、縁起物として関西から北陸にかけては、正月に食べる歳取り魚とされています。
特に冬場のブリは寒ブリと呼ばれ脂がのっており、血栓や動脈硬化などの予防効果が期待できるIPAやDHAの含有量は魚の中でもトップクラスです。
また、血合い部分には肝機能を高める効果を持つタウリンも含まれています。