【鮮魚ニュース-お魚料理レシピ-】旬の魚を使ったお料理をご紹介します。さて、今月のお魚は?

イクラ丼

自分で漬けて、た~っぷり召し上がれ。

◎作り方
(1)鍋に調味料を入れ沸騰したら冷ます。
(2)ほぐしたサケの腹子に(1)を入れ混ぜ合わせ漬ける。(一晩くらい漬ける)
(3)(2)の味をみて塩・醤油で味を調える。
(4)丼にご飯を盛り(3)をのせる。
[調理時間20分
※漬ける時間、ご飯を炊く時間などを除く。

◎材料(4人分~)
サケの腹子・・・・・・・・・350g
ご飯・・・・・・・・・・1人250g位
醤油・・・・・・・・・・・・大さじ1
酒・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
みりん・・・・・・・・・・小さじ1
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
【1人分676kcal】
 
 
 
 

イクラとタイのカルパッチョ

イクラで華やかなおもてなし料理に

◎作り方
(1)刺身は軽く塩をふり下味をつける。
(2)玉ネギは薄切りにして水にはなす。
(3)キュウリと黒オリーブは5mm角に切る。
(4)器に水気をきった玉ネギをしき、(1)を盛りつける。
(5)(4)に(3)とスプラウトとイクラを飾り、レモン汁とオリーブオイルをかける。
[調理時間]15分

◎材料(4人分)
タイ(刺身用)・・・・・・・400g
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
玉ネギ・・・・・・・・・・・・・・50g
キュウリ・・・・・・・・・・・・5cm
黒オリーブ・・・・・・・・・・3個
スプラウト・・・・・・・・・少々
イクラ・・・・・・・・・・・・・適量
┏オリーブオイル・・・適量
┗レモン汁・・・・・・・・・適量
【1人分219kcal】

親子からし和え

秋の彩りが美しい小鉢です

◎作り方
(1)サケは塩・酒をふってしばらくおき、焼いてほぐしておく。
(2)食用菊は花びらをとる。沸騰した湯に酢を入れて茹でる。
(3)えのき茸は根をとって2等分にして茹でて冷ます。
(4)ボウルにからしを入れて酢と醤油を入れてとく。
(5)(4)に(1)・(2)・(3)を入れて和える。
(6)器に盛ってイクラを飾る。
[調理時間]20分

◎材料(4人分)
生サケ・・・・・・・・・・・・・・70g
塩・酒・・・・・・・・・・・・・・少々
イクラ・・・・・・・・・・・・・適量
食用菊(かきのもと)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・100g
酢・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
えのき茸・・・・・・・・・・・100g
<からし醤油>
┏醤油・・・・・・・・・・大さじ3
┃からし・・・・・・・・小さじ1
┗酢・・・・・・・・・・・・大さじ2
【1人分73kcal】
 
 

腹子 プチ情報

生の腹子が出まわるのはこの時期だけ!!


↑クリックで拡大表示します。

サケ・マスの卵膜に包まれたままの卵巣を腹子、塩蔵したものを筋子と呼び、卵の粒を一粒ずつ分離して塩蔵したものがイクラです。ビタミンB1・B2・B12・Eなどを含み、腹子の色はカロテノイド色素の一種アスタキサンチンで、強い抗酸化力を持ち、LDLコレステロールの酸化を抑制する働きがあります。
脂質の構成をみると不飽和脂肪酸が多くDHA・EPAなどを含みますが、コレステロールの含有量も高く、塩蔵品のため食塩も多いということを知っておきましょう。

腹子のほぐし方

(1)ボウルに80℃位のお湯を用意し、塩を溶かす。
※お湯で卵が少し白っぽくなりますが、醤油などで味付けして休ませると、ツヤが出て卵に透明感が戻ります。

(2)腹子は手で開き、(1)のボウルに入れて手早く箸で卵を振り落とす。


(3)縮んだ腹子の膜を除き、卵を手早く冷水にとり冷ます。

(4)手で卵をすすぐようにして水を換えながら白い薄皮を取り除く。

(5)(4)を5回位繰り返し、ザルにあけ水気を切り味付けをする。