【鮮魚ニュース-お魚料理レシピ-】旬の魚を使ったお料理をご紹介します。さて、今月のお魚は?

サバのトウチ炒め

トウチの旨味でご飯が進む!

◎作り方
(1)サバは下処理をして1口大に切り、塩・胡椒で下味をつけて片栗粉をまぶす。
(2)ピーマン・生シイタケ・長ネギは1口大に切る。ニンニクはスライス、赤唐辛子は半分にして種を取り除く。
(3)aを合わせる。
(4)フライパンにサラダ油大さじ1をしき、(1)を焼いて取り出す。
(5)フライパンに少しサラダ油を足し、(2)を炒め、(4)を加える。
(6)(3)で味付けして水溶き片栗粉を入れて、仕上げにゴマ油を加える。
[調理時間]25分

◎材料(4人分)
サバ・・・・・・・・・・・・・・・半身
塩・胡椒・・・・・・・・・・・・少々
片栗粉・・・・・・・・・・・・・適宜
ピーマン・・・・・・・・・・・・1個
生シイタケ・・・・・・・・・・3枚
長ネギ・・・・・・・・・・・・1/3本
ニンニク・・・・・・・・・・1かけ
赤唐辛子・・・・・・・・・・・・1本
サラダ油・・・・・・・・大さじ1
<a>
┏醤油・・・・・・・・・・小さじ2
┃酒・・・・・・・・・・・・大さじ1
┃砂糖・・・・・・小さじ1 1/2
┃鶏がらスープの素
┃・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
┗トウチ醤・・・・・・小さじ2
水溶き片栗粉・・・・・・・適量
ゴマ油・・・・・・・・・・・・・少々
【1人分284kcal】

サバのブルスケッタ

ワインのおつまみや、ブランチにピッタリ!

◎作り方
(1)サバは塩と酒をふって10分くらいおく。
(2)鍋に(1)・白ワイン・香味野菜をいれて蒸し煮にする。
(3)(2)を細かくしてaの調味料で味をつける。
(4)玉ネギみじんと5mm角に切ったトマトをいれて混ぜ合わせる。
(5)薄くスライスしたフランスパンを軽く焼きバターをぬる。
(6)(5)に(4)をのせてパセリみじんを飾る。
[調理時間]25分

◎材料(4人分)
サバ・・・・・・・・・・・・・・1/2尾
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
酒・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
白ワイン・・・・・・・・・・100cc
<香味野菜>
┏ローリエ・・・・・・・・・・1枚
┃パセリの茎・・・・・・・適量
┃玉ネギ薄切り・・・・・適量
┗ニンジン薄切り・・・適量
玉ネギみじん・・・・大さじ2
トマト・・・・・・・・・・・・1/2個
パセリみじん・・・・・・・少々
<a>
┏マヨネーズ・・・・大さじ2
┃オリーブオイル
┃・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
┃レモン汁・・・・・・小さじ1
┗塩・胡椒・・・・・・・・・・少々
フランスパン・・・・・・・適量
バター・・・・・・・・・・・・・適量
【1人分335kcal】

サバの生姜煮

生姜の香りが美味しさをひきたてる

◎作り方
(1)サバは下処理をして3枚に卸し、4~6等分に切る。熱湯をかけ霜降りをする。
(2)長ネギは3~4cm長さに切る。生姜はせん切りにする。ニンジンは食べやすい大きさに切る。
(3)鍋に(1)・(2)・だし汁・調味料を入れ火にかける。沸騰したらアクを取り、落とし蓋をして汁気が1/4位になるまで煮詰め味を調える。
(4)小松菜は茹で、適当な長さに切る。
(5)器に(3)を盛り、(4)を添える。
[調理時間]35分

◎材料(4人分)
サバ・・・・・・・・・・・・・・・・1尾
長ネギ・・・・・・・・・・・・・・1本
生姜・・・・・・・・・・・・・・・・10g
ニンジン・・・・・・・・・・・・40g
小松菜・・・・・・・・・・・・・適量
だし汁・・・・・・・・・・・・200cc
酒・・・・・・・・・・・・・・大さじ4
醤油・・・・・・・・・・大さじ2~
みりん・・・・・・・・・・大さじ2
砂糖・・・・・・大さじ1 1/2~
【1人分275kcal】
 
 

サバ プチ情報

秋サバを満喫しましょう。


↑クリックで拡大表示します。

秋のサバは旨味が濃く脂がのっています。脂質は不飽和脂肪酸のIPAやDHAを含み、赤血球の材料となる鉄と赤血球生成を助けるビタミンB12も含まれています。
サバは死後に内臓の自己消化が急速に進むため傷みやすく、サバの数量を目分量でざっと計測して、傷む前に急いで売りさばいた、という逸話から、数をごまかすを意味する「サバを読む」という語源にもなっています。
寄生虫がいることがあるので生食は避け、アレルギー源のヒスタミンを生じさせるヒスチジンを多く含むので、早めの調理を心がけましょう。脂が多いので、味噌や酢を使った料理にも合います。