【鮮魚ニュース-お魚料理レシピ-】旬の魚を使ったお料理をご紹介します。さて、今月のお魚は?

タコごはん

桜色がキレイなとっておきの炊き込みごはん

◎作り方
(1)米はといでザルにあげ水気をきる。
(2)タコは食べやすい大きさに切る。
(3)三つ葉は1cm長さに切る。
(4)炊飯器に米・水・aを入れて浸水させ、タコをのせて炊く。
(5)(4)を器に盛り、三つ葉をちらす。
[調理時間]5分
※米を炊く時間を除く

◎材料
タコ・・・・・・・・・・・・・・・200g
米・・・・・・・・・・・・・・・2カップ
水・・・・・・・・・・・・・・・480cc
<a>
┏薄口醤油・・・・・・大さじ2
┃酒・・・・・・・・・大さじ1 1/2
┗塩・・・・・・・・・・ひとつまみ
三つ葉・・・・・・・・・・・・・・少々
【1人分381kcal】

タコのがんもどき

タコの風味と食感が絶妙。冷めても美味しい

◎作り方
(1)タコは2/3を適当な大きさに切り、残りの1/3は5mm角位に切る。
(2)木綿豆腐は巻きすなどに包み重石を乗せしっかりと水気をきる。
(3)ひじきは戻す。にんじんはせん切りし茹でる。
(4)フードプロセッサーに2/3のタコを入れよくかけ、豆腐を入れ混ぜ合わせる。大和芋・片栗粉・aを入れ、さらに混ぜ合わせボウルに移す。
(5)(4)に残りのタコ・水気を絞った(3)を混ぜ6等分に分け、手に油を付け丸め170℃位の油で揚げる。れんこんは皮をむき適当な厚さに切り揚げる。ブロッコリーは一口大に切り茹でる。
(6)鍋にだし汁・bを入れ沸騰させる。
(7)器に(5)を盛りおろした大根・しょうがを付け、(6)を添える。
[調理時間]25分

◎材料
茹でタコ・・・・・・・・・・・150g
木綿豆腐・・・・・・・・・・150g
ひじき(乾燥)・・・・・・・・・2g
にんじん・・・・・・・・・・・・10g
大和芋(おろし)・・・大さじ1
片栗粉・・・・・・・・・・・大さじ1
<a>
┏砂糖・薄口醤油・塩
┗   ・・・・・・・・・・・各少々
ブロッコリー・・・・・・・・・60g
れんこん・・・・・・・・・・・・60g
だし汁・・・・・・・・・・・・200cc
<b>
┏醤油・・・・・・・・・・・・・40cc
┗みりん・・・・・・・・・・・40cc
大根・しょうが・・・・・・・適量
【1人分197kcal】

タコのネギソース

ねぎとしょうがの香りがたまらない!

◎作り方
(1)タコは一口大にスライスする。
(2)しめじは小房に分けて茹で、水気をきる。
(3)ボウルに万能ねぎ・しょうが・aを入れてよく混ぜる。
(4)フライパンにサラダ油大さじ3を入れて煙が出るまで熱し、(3)に一気に入れて混ぜ、ねぎソースを作る。(ジュッと音がする。かなり高温なので水気が入らないように注意する。)
(5)(4)にタコとしめじを入れて和え、しばらくおく。
[調理時間]20分

◎材料
茹でタコ・・・・・・・・・・・・130g
しめじ・・・・・・・・・・・・・・・80g
〈ねぎソース〉
┏万能ねぎ(小口切り)
┃   ・・・・・・・・・・・・・・50g
┃しょうが(みじん切り)
┗   ・・・・・・・・・・・・・・・5g
<a>
┏塩・・・・・・・・・・・・・・少1/3
┃砂糖・・・・・・・・・・・・・・少々
┃こしょう・・・・・・・・少し多め
┃旨味調味料・・・・・・・少々
┗レモン汁・・・・・・・・・・少々
サラダ油・・・・・・・・・大さじ3
【1人分130kcal】

タコ プチ情報

日本人になじみの深いタコ

タコはたんぱく質が多く脂肪が少ないので、低エネルギーな食材です。以前はコレステロールを多く含むため注意が必要といわれていましたが、肝機能を高めたり、体内のコレステロールの排出を促すタウリンも多く含まれているため、現在では通常の量で、コレステロールの過剰摂取を心配することはないといわれています。また、血行を促進するビタミンEや亜鉛も含まれ、特に亜鉛はストレスが高まると消費されやすくなるといわれており、動物性食品に含まれるものは、吸収を促進するたんぱく質も一緒にとれるので、タコはオススメの食材です。