【鮮魚ニュース-お魚料理レシピ-】旬の魚を使ったお料理をご紹介します。さて、今月のお魚は?

サンマとなすの炒め物

揚げたなすとサンマが好相性。ピリ辛でご飯が進みます!

◎作り方
(1)サンマは3枚におろし、そぎ切りにする。塩・酒をふり、4~5分おく。水気をふき取って片栗粉をつける。
(2)なすは乱切りにする。しし唐は切れ目を入れる。にんにくは薄切りにする。
(3)170℃の揚げ油でなす・しし唐を揚げる。180℃にしてサンマを揚げる。
(4)フライパンに、にんにく・<a>を入れて煮立たせる。なす・しし唐・サンマを加えてさっと混ぜる。
[調理時間]10分

◎材料(4人分)
┏サンマ・・・・・・・・・・・・・・2尾
┃塩・酒・・・・・・・・・・・・・・少々
┗片栗粉・・・・・・・・・・・・・適宜
なす・・・・・・・・・・・・・・・・・300g
しし唐・・・・・・・・・・・・・・・・8本
にんにく・・・・・・・・・・・・1かけ
揚げ油・・・・・・・・・・・・・・・適宜
<a>
┏醤油・・・・・・・・・・・・大さじ3
┃スープ・・・・・・・・・・大さじ2
┃酒・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
┃砂糖・・・・・・・・・・・・小さじ1
┗豆板醤・・・・・・・・小さじ1/2
【1人前236kcal】

サンマのつみれ汁

サンマがたくさん手に入ったら、ぜひお試しあれ!

◎作り方
(1)サンマは3枚におろし、皮をむいて適当な大きさに切る。
(2)生姜・長ねぎも適当な大きさに切る。
(3)フードプロセッサーに(1)・(2)・<a>の調味料を入れてかける。
(4)(3)を4等分にし、沸騰したお湯に入れて茹でる。
(5)だし汁を煮立たせ、調味料を入れて味をつける。(4)を入れ、さっと温めて器に盛る。
(6)(5)に白髪ねぎを飾る。
[調理時間]10分

◎材料(4人分)
サンマ・・・・・・・・・・・・・・・・2尾
生姜・・・・・・・・・・・・・・・・1かけ
長ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・10cm
<a>
┏味噌・・・・・・・・・・大さじ1/2
┃塩・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
┃酒・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
┗片栗粉・・・・・・・・・・大さじ1
だし汁・・・・・・・・・・・・4カップ
酒・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
塩・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
醤油・・・・・・・・・・・小さじ1~2
針生姜・・・・・・・・・・・・・・・適宜
白髪ねぎ・・・・・・・・・・・・・適宜
【1人前154kcal】

サンマのエスカベッシュ

香味野菜との一体感が美味しさの秘密です。

◎作り方
(1)サンマは3枚におろして腹骨をはずし、一口大に切る。塩をふり、しばらくおく。
(2)サンマの水気をふき取って小麦粉をまぶす。余分な粉を落とし、180℃の揚げ油で揚げる。油をきってバットに並べる。
(3)玉ねぎはスライスし、にんじん・セロリはせん切りにする。
(4)にんにくは半分に切って芽を取り除く。赤唐辛子は種を取り除く。
(5)鍋にサラダ油を入れ、(4)を加えて弱火にかける。にんにくの香りがしてきたら、(3)・ローリエを加えて炒める。野菜がしんなりしたら、白ワイン・グラニュー糖を加えて汁が2/3量になるまで煮詰める。
(6)(5)にワインビネガーを加えてひと煮立ちさせ、・にかける。レモンスライスをのせて常温で冷ます。
(7)(6)が冷めたら冷蔵庫で一晩置いて味をなじませる。
[調理時間]10分
※漬ける時間を除く。

◎材料(4人分)
サンマ・・・・・・・・・・・・・・・・2尾
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
小麦粉・・・・・・・・・・・・・・・適宜
揚げ油・・・・・・・・・・・・・・・適宜
玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・100g
にんじん・・・・・・・・・・・・・・40g
セロリ・・・・・・・・・・・・・・・・40g
にんにく・・・・・・・・・・・・1かけ
赤唐辛子・・・・・・・・・・・・・・1本
ローリエ・・・・・・・・・・・・・・1枚
レモンスライス・・・・1/2個分
サラダ油・・・・・・・・・・大さじ1
白ワイン・・・・・・・・・・・・200cc
グラニュー糖・・・・・・・・・・30g
ワインビネガー・・・・・・150cc
【1人前254kcal】
 
 

サンマ プチ情報

旬のサンマには優れた栄養素がたっぷり。


↑クリックで拡大表示します。

サンマは回遊魚で季節によって脂ののり方が異なり、秋が最も多く、背中が盛り上がって頭が小さく見えるものが、脂ののり方が良いものと言われています。
また、粘膜の保護・体内のさまざまな代謝を助ける補酵素として働くビタミンB2や鉄、ビタミンDなども含んでいます。不飽和脂肪酸であるDHAは、時間がたつと酸化されやすいので新鮮なものを選びましょう。