【鮮魚ニュース-お魚料理レシピ-】旬の魚を使ったお料理をご紹介します。さて、今月のお魚は?

あぶり寿司

香ばしく焼いたアジに爽やかなレモンの香りを添えました。

◎作り方
(1)米はといでザルにあげる。分量の水で炊く。
(2)<a>の調味料を合わせて新生姜を入れ、漬ける。
(3)アジは3枚におろし、軽く塩・酒をして3等分に切る。
(4)フライパンにサラダ油をあたためてアジの皮目から焼き、両面焼く。
(5)能ねぎは小口切り、青じそ・みょうがはせん切りにする。
(6)ご飯が熱いうちに<a>を入れて混ぜる。アジをのせ、<b>をかける。
(7)器に盛り、(5)をちらす。
[調理時間 20分]
※米を炊く時間を除く。

◎材料(4人分)
┏アジ・・・・・・・・・・・・・・・・・・中3尾
┃塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
┗酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
サラダ油・・・・・・・・・大さじ1/2強
万能ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
青じそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・10枚
みょうが・・・・・・・・・・・・・・・・・2個
<a>
┏酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・70cc
┃砂糖・・・・・・・・・・・・・・小さじ2
┗塩・・・・・・・・・・・小さじ1 1/2
<b>
┏新生姜せん切り・・・・・1片分
┃レモン汁・・・・・・・・・・大さじ1
┃薄口醤油・・・・・・・・・・・・少々
┗白いりゴマ・・・・・・・・・・少々
米・・・・・・・・・・・・・・・・・2カップ
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・440cc
【1人前452kcal】

アジの梅煮

梅の効用で生臭さもなく、さっぱりと召し上がれます。

◎作り方
(1)アジは3枚おろしにし、3等分に切る。
(2)ごぼうは5cm長さに切り、酢水に放す。
(3)生姜は薄切りにする。
(4)きぬさやは塩ゆでし、せん切りにする。
(5)鍋に(1)・(2)・(3)・ちぎった梅干し・水を入れる。
(6)(5)に酒を入れ、煮立ったら砂糖を加える。みりん・醤油の順に入れ、アジを煮含める。
(7)(6)を器に盛り、きぬさやを飾る。
[調理時間]15分

◎材料(4人分)
アジ・・・・・・・・・・・・・・・・・・4尾
ごぼう・・・・・・・・・・・・・・・・1本
生姜・・・・・・・・・・・・・・・・・・1片
きぬさや・・・・・・・・・・・・・・8枚
梅干し・・・・・・・・・・・・・・・・2個
水・・・・・・・・・・・・・・・・・150cc
酒・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ4
砂糖・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
みりん・・・・・・・・・・・・大さじ1
醤油・・・・・・・・・・・・・・大さじ3
【1人前156kcal】

アジの香草パン粉焼き

ハーブやにんにくの香りが決め手。

◎作り方
(1)アジは3枚におろす。腹骨をはずして小骨を抜き、皮を剥ぎ取る。
(2)(1)に塩・胡椒をして下味をつける。
(3)香草パン粉の材料を合わせる。
(4)(2)に小麦粉・卵をつけ、香草パン粉をつける。
(5)フライパンにサラダ油をあたためて(4)をきつね色に焼く。
(6)器にベビーリーフと(5)を盛り付け、くし形に切ったレモンを添える。
[調理時間]15分

◎材料(4人分)
アジ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4尾
塩・胡椒・・・・・・・・・・・・・・少々
<香草パン粉>
┏パン粉・・・・・・・・・・・1カップ
┃にんにくみじん・・・小さじ1
┃ローズマリーみじん
┃・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
┃パセリみじん・・・・・小さじ1
┗粉チーズ・・・・・・・・・小さじ1
小麦粉・・・・・・・・・・・・・・・・適量
卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
サラダ油・・・・・・・・・・・・・・適量
ベビーリーフ・・・・・・・・・・適量
レモン・・・・・・・・・・・・・・1/2個
【1人前215kcal】

「大名おろし」

「3枚おろし」の一つです。半身を一度に切り分けるので中骨に身が多めに残りますが、手早くできます。残った中骨は、カリカリに揚げて骨せんべいやアラ煮、汁ものなどにすると美味しいです

尾の近くにある固いウロコ(ゼイゴ)をそぎ取る。

エラ脇から包丁を入れて頭を切り落とし、腹ワタを取って水洗いする。

肩口より包丁を入れ、中骨に添わせるようにして尾へと切りおろす。

返して、反対も同じ要領で包丁を寝かせて切りおろす。

さらに、腹骨をうすくそぎ取ると食べやすい。

アジ プチ情報

和洋を問わず、あらゆる料理に向く万能選手!


↑クリックで拡大表示します。

日本人におなじみの魚のひとつで、一年中捕れますが、夏に最も美味しくなります。
アジの中で代表的なものが真アジで、体長によって豆アジ、小アジ、中アジ、大アジと区別され、フライ、塩焼き、煮付けなどあらゆる料理に向いています。
うまみ成分であるアミノ酸が含まれているだけでなく、多価不飽和脂肪酸も多く、IPAは血栓を予防する作用が、DHAは脳や神経機能を高める作用があると言われています。
また、エネルギー代謝を高め、疲労回復を助けるビタミンB1も含まれています。