【鮮魚ニュース-お魚料理レシピ-】旬の魚を使ったお料理をご紹介します。さて、今月のお魚は?

魚卵 プチ情報

日本の食卓に欠かせない魚卵


↑クリックで拡大表示します。

タラコはスケソウダラ、数の子はニシンの卵巣です。サケ・マスの卵膜に包まれたままの卵巣を腹子、塩蔵したものをスジコと呼び、卵の粒を一粒ずつ分離して塩蔵したものがイクラです。
魚卵は、抗酸化力を持つビタミンE、ビタミンB1・B2が含まれ、コレステロールも多いですが、100gあたりに含まれる脂質の量が種類により大きく違い、イクラに比べ、タラコ・数の子の脂質は1/3程度です。またイクラの色は、カロテノイド色素の一種アスタキサンチンで、強い抗酸化力を持ち、悪玉コレステロールの酸化抑制や、老化を防止する働きがあります。