【鮮魚ニュース-お魚料理レシピ-】旬の魚を使ったお料理をご紹介します。さて、今月のお魚は?

マグロ プチ情報

DHAの量は魚類の中でもトップクラス!


↑クリックで拡大表示します。

日本人が大好きなマグロは、季節や部位により脂の量が変わるため、味や栄養価が違います。赤身は脂肪が少なくあっさりとしていますが味は濃厚で、たんぱく質が主成分です。脂身は脂質とともに動脈硬化を防ぐEPAやビタミンEが含まれており、冬場にかけて脂がのり、この時期のトロの脂質は40%にも達します。
マグロは冷凍耐性があり、赤色は放置するとすぐに色素が酸化されて褐色に変化してしまうので、-30℃以下の低温で流通しています。

マグロプチ情報

種類も栄養価も豊富な健康美容食

↑クリックで拡大表示します。

日本人が大好きなマグロは、冬から春が旬で、部位により脂の量が変わるため、味や栄養価が違います。赤身は脂肪が少なくあっさりとしていますが、味は濃厚で、たんぱく質が主成分です。血合い部分にはタウリンや鉄が含まれ、脂身は脂質とともに動脈硬化を防ぐEPAやビタミンEが含まれています。特にトロはコクのある味で、脳の機能を高めると言われているDHAの含有量は魚類の中でもトップです。