【鮮魚ニュース-お魚料理レシピ-】旬の魚を使ったお料理をご紹介します。さて、今月のお魚は?

ブリ プチ情報

出生魚、回遊魚の代表格の魚です。


↑クリックで拡大表示します。

成長するにつれてワカシ、イナダ、ワラサと名前の変わるブリは出世魚と言われ、縁起物として関西から北陸にかけては、正月に食べる歳取り魚とされています。
特に冬場のブリは寒ブリと呼ばれ脂がのっており、血栓や動脈硬化などの予防効果が期待できるIPAやDHAの含有量は魚の中でもトップクラスです。
また、血合い部分には肝機能を高める効果を持つタウリンも含まれています。

ブリ プチ情報

出世魚、回遊魚の代表格の魚です。


↑クリックで拡大表示します。

成長するにつれてワカシ、イナダ、ワラサと名前の変わるブリは出世魚と言われ、縁起物として関西から北陸にかけては、正月に食べる歳取り魚とされています。特に冬場のブリは寒ブリと呼ばれ脂がのっており、血栓や動脈硬化などの予防効果が期待できるIPAやDHAの含有量は魚の中でもトップクラスです。また、血合い部分には貧血を予防する鉄や肝機能を高める効果を持つタウリンも含まれています。

ブリプチ情報

出世魚、回遊魚の代表格の魚です。

↑クリックで拡大表示します。

 成長するにつれてワカシ、イナダ、ワラサと名前の変わるブリは出世魚と言われ、縁起物として関西から北陸にかけては、正月に食べる歳取り魚とされています。特に冬場のブリは寒ブリと呼ばれ脂がのっており、血栓や動脈硬化などの予防効果が期待できるIPAやDHAの含有量は魚の中でもトップクラスです。また、血合い部分には肝機能を高める効果を持つタウリンも含まれています。

ブリ プチ情報

出世魚、回遊魚の代表格。


↑クリックで拡大表示します。

成長につれてワカシ、イナダ、ワラサと名前の変わるブリは出世魚と言われ縁起物として関西から北陸にかけては、正月に食べる歳取り魚とされています。
冬から春にかけてのブリは脂がのっているので照り焼き・塩焼きなどがおすすめです!
刺身やすし種にするならイナダやワラサがよく合います。