【鮮魚ニュース-お魚料理レシピ-】旬の魚を使ったお料理をご紹介します。さて、今月のお魚は?

サンマ プチ情報

旬のサンマには優れた栄養素がたっぷり。


↑クリックで拡大表示します。

サンマは季節によって脂ののり方が異なり秋に最も多くなるため、古くから秋の味覚として親しまれています。
ビタミンB2やビタミンDを含み、鉄や赤血球の生成を助けるビタミンB12は貧血予防に役立ちます。また不飽和脂肪酸のEPA・DHAは、血栓や動脈硬化を予防する働きがあるといわれています。ただし、この成分は時間が経つと酸化されやすいので、新鮮なものを選びましょう。

サンマ プチ情報

旬のサンマには優れた栄養素がたっぷり。


↑クリックで拡大表示します。

サンマは回遊魚で季節によって脂ののり方が異なり、秋が最も多く、背中が盛り上がって頭が小さく見えるものが、脂ののり方が良いものと言われています。
また、粘膜の保護・体内のさまざまな代謝を助ける補酵素として働くビタミンB2や鉄、ビタミンDなども含んでいます。不飽和脂肪酸であるDHAは、時間がたつと酸化されやすいので新鮮なものを選びましょう。

サンマ プチ情報

脂ののった旬のサンマには優れた栄養素がたっぷり。

サンマプチ情報
↑クリックで拡大表示します。

貧血予防に効果のある鉄は、ビタミンCと一緒に吸収すると吸収率がアップするので、鉄を含むサンマに、ビタミンCを含むだいこんおろしとゆずやすだちの絞り汁を添える、サンマの食べ方の定番「サンマの塩焼きとだいこんおろし」はオススメの食べ方。また、血管壁のLDLコレステロールや中性脂肪を減らしたり、血流を良くする働きがあるDHAやビタミンD・B12も多く含んでいます。

サンマ プチ情報

一年中冷凍で流通するサンマですが、
脂ののった新物サンマは今が最高です。


↑クリックで拡大表示します。

サンマには、動脈硬化や血栓症をできにくくするEPAやDHAが多く含まれています